6. コーディングルール

プログラミング言語にはソースコードを書く上でのルールがあります。
コーディングルールと言われるもので各プログラミング言語で決められています。
以下のソースコードを見てください。

1)
function c() {
    var a = parseFloat(document.getElementById("z").a.value);
    var b = parseFloat(document.getElementById("z").b.value);
    alert(b / (a * a));
}

document.getElementById("y").addEventListener("click", c);
        
        
2)
function calcBMI() {
    var height = parseFloat(document.getElementById("bmiForm").height.value);
    var weight = parseFloat(document.getElementById("bmiForm").weight.value);
    alert(weight / (height * height));
}

document.getElementById("showBtn").addEventListener("click", calcBMI);

1)と2)を比べて見てください。
1)と2)は同じ処理を行なっていますが、変数名やメソッド名が違います。
1)は非常に分かりずらいですか、2)は分かりやすいと思います。
他の人が見ても分かりやすくするルールがコーディングルールです。
主に気をつける点は

  • 日本語をローマ字にしただけの名前を付けない
  • 途中から名付け方を変えない
  • 長い命名でもいいので分かるようにする

が上げられます。

コーディングルールを守ってソースコードを書くことが良いプログラマーへの第一歩です。
javascriptで主に適用されるのは以下の4つが多いです。

どれが正解というのではなく、状況に応じて使い分けるのが大切です。
ただし、これらを混ぜて使うのではなくどれか1つに決めて使用します。
個人でもチームでも一貫性を保つことが大切です。

This software includes the work that is distributed in the Apache License 2.0

Last modified: Friday, 11 May 2018, 11:17 am