マサチューセッツ工科大学が開発したこども用ビジュアルプログラミング言語「Scratch(スクラッチ)」を利用し、ゲームの開発技能を学習します。集大成として自分だけの「オリジナルゲーム」を作成します。