1.3 オンプレミス環境の問題点

前節で紹介した、自社のハードウェア設備でネットワーク構築からサーバー立ち上げまでの一連の環境構築を担う形式はオンプレミス環境と呼ばれます。

このオンプレミス環境は次のような問題点があることから、日々加速する顧客ニーズの変化や時代の変化に合わなくなっていきました。

・環境を整えるための初期コストがかかる。小規模の企業では導入が難しい。

・サーバーの増設や性能の向上などを簡単に行うことができないため、サービス需要の急増急減に対応できない。