4.2 SSHクライアントでEC2インスタンスに接続する(演習)

EC2インスタンスが起動できましたので、SSHクライアント(※3)を使ってEC2インスタンスに接続します。SSHクライアントとなるソフトウェアにはいくつかありますが、今回はMac、Linux、Windowsで共通で利用できるOpenSSHソフトウェア(※4)による演習を行います。それぞれ手順が多少異なるため、次の2パターンに分けてご紹介します。自身の実習環境に合ったものを確認してください。

・OpenSSHクライアントによる接続(Mac、Linux) (4.2.1)

・OpenSSHクライアントによる接続(Windows) (4.2.2)

 (※3)SSHクライアントは、SSH接続の際に使用するクライアントソフトを総称して指す言葉です。

(※4) OpenSSHはSSHプロトコルを利用するためのソフトウェアで、SSHサーバーおよびSSHクライアントの機能を含みます。LinuxやMacは基本的に初期状態で搭載されており、また、Windows10でもバージョン1803以降、標準搭載となっています。

上記2つに共通する手順として、先にパブリックIPアドレスを控えておきましょう。インスタンスの一覧から、接続先となるEC2インスタンスのパブリックIPアドレスを控えておきます。

ポイント

・パブリックIPアドレスは、AWSが保有するグローバルIPアドレスの1つが振り出されたものです。通常はインスタンスを起動するたびに値が変わりますので、その都度確認が必要となります。