3.3 Apache Tomcatの起動(演習)

Tomcatのインストールができたので起動を行います。起動の準備として次の作業を行います。

・Tomcat実行ユーザーの作成

Tomcatを実行するための専用ユーザー(ユーザー名:tomcat)を作成します。このユーザーは通常ユーザーのように、ログインしてコマンドを実行することはできません。また、同ユーザーにのみTomcatの実行権限を与えることで、他のユーザーがTomcatの動作を制御できないようにします。このようなセキュリティ面への考慮から、サーバーインストールの場面において専用ユーザーを作成する手法は一般的に用いられています。

・Tomcatアプリケーションの所有者を変更

ユーザーtomcatがTomcatを起動できるように、所有者を変更します。

・Tomcatをサービスとして登録

systemctlコマンドで、Tomcatの起動・停止ができるようにします。