2.1 プライベートサブネットの作成(演習)

始めにプライベートサブネットの作成です。作業箇所は下図になります。

3章で作成した方法と基本的な違いはありませんが、アベイラビリティーゾーンについては明確に選択する必要があります。下記のVPCダッシュボードから開始します。sysadminユーザーでログインし、東京リージョンであることを確認しておきましょう。

1. VPC左メニューから「サブネット」を選択、サブネットの一覧から「private_subnet」にチェックを入れ、表示された詳細から、選択されているアベイラビリティーゾーンを確認します。これから新規に作成するサブネットは、このアベイラビリティーゾーンと違うものを指定することになります。確認したら「サブネットを作成」をクリックします。

2. VPCは「mine_vpc」を選択します。

3. サブネットの設定の各項目に、下記を設定します。

・サブネット名:private_subnet_02

・アベイラビリティーゾーン:手順1で確認したアベイラビリティーゾーンとは異なるものを選択

・IPv4 CIDR ブロック:172.16.2.0/24

4. 入力ができたら、「サブネットを作成」をクリックします。

5. プライベートサブネットが作成されました。詳細を表示して、元のプライベートサブネットとは異なるアベイラビリティーゾーンで作成されていることを確認しておきましょう。