コース一覧

e-learningお申込について、こちらをご覧ください。

初めての方はこちらからどうぞ
(このサイトの使い方と勉強方法)

コンピュータとはどういうものでしょうか。私たちの身の回りにどのようなコンピュータがあり、どのように使われているのかを理解していきましょう。

作業の手順(処理)を考える事を「アルゴリズム」といいます。「アルゴリズム」をプログラミング言語で表現したものが「プログラム」です。

プログラマの仕事とは、プログラムの構造を考えたり、効率の良いアルゴリズムを考えたりといった作業を行うことです。「アルゴリズム」を身につけないと、プログラミング言語の文法を学習してもプログラムを組み立てることはできません。

この講座ではアルゴリズムを習得していきます。

ノートブックからデータセンター、ゲーム・コンソールから科学計算用スーパーコンピュータ、携帯電話からインターネットにいたるまでJavaはあらゆるところ、様々な場所で稼働しています。

Java初級講座では、Javaの基礎的な概念を習得していきます。

e-learning + 反転授業 + PBL

e-learningを使って反転授業を行い、知識習得の効率化をはかります。

さらに、PBLを活用して実際に業務アプリケーションを開発工程に従って作成し、より現場に近い知識を習得できます。

12回(4h/週1回)の講座 + e-learningでIT企業が求める2つの知識を習得する講座です

「プログラミング」を学ぶ前に基礎となるものが「アルゴリズム」(論理的思考)です。Googleが提供するビジュアルプログラミング言語「Google Blockly(グーグルブロックリー)」や自立制御ロボットの「ビュートレーサー」を利用し、ゲーム感覚でアルゴリズム(論理的思考)を学習します。

コンピュータサイエンスとは、コンピュータやITの世界での基礎科学です。

「コンピュータはどうやって考えているのだろう?」という疑問に答える魅力的な学問です。こどもたちにもわかりやすいように、カードを使ったり、ゲーム形式で学習します。

マサチューセッツ工科大学が開発したこども用ビジュアルプログラミング言語「Scratch(スクラッチ)」を利用し、ゲームの開発技能を学習します。集大成として自分だけの「オリジナルゲーム」を作成します。